2017年05月20日

ずっと、ありつづけること

緑に囲まれた、
ケアンズ高原のある農園。

その農園は、
ケアンズの大地に元々あったフルーツを育てています。

元々育っていたフルーツだから、
農薬も必要ありません。

なんて、素敵なんでしょうか。

ちなみに、その土地で最初から育ってきたものを
「ネイティブ」と呼んでいます。

マンゴーやこの間紹介したマンゴスチンは、
他の国からきた種なのでネイティブとはいいません。

また「ブッシュタッカー」という表現を地元の人はよくします。

ブッシュタッカーは
アボリジニーが食してきたものです。

その栄養価の高さが、
最近注目されているそうです。


本当にケアンズは
自然のパワーに溢れた場所なのです。



あまりにも生命力にあふれた緑の色と空の色。
強力だけど、やさしいケアンズのパワーに心が共鳴するようです。







同じカテゴリー(木の英知)の記事画像
「木」と「空理論」って似てる?
「木」のやさしさ
自分でなく、自然の側から
アボリジニーの民族特性は人類の英知
自然とのおつきあい作法再考
神道とアボリジニー文化の共通点
同じカテゴリー(木の英知)の記事
 「木」と「空理論」って似てる? (2017-05-17 09:35)
 「木」のやさしさ (2017-05-15 15:02)
 自分でなく、自然の側から (2017-05-09 12:33)
 アボリジニーの民族特性は人類の英知 (2017-05-07 15:04)
 自然とのおつきあい作法再考 (2017-05-05 07:38)
 神道とアボリジニー文化の共通点 (2017-05-04 06:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ずっと、ありつづけること
    コメント(0)