2017年05月17日

「木」と「空理論」って似てる?

考えてみると
「木」というものは

一本の茎が葉をつけて伸びだし
それからは四方八方に
それこそ空に
そして地面に
伸びていく性質を持っている。

そして、
四方八方に広がりをもって
拡散していくけれど
全ては繋がっているというのが
ちょっと飛躍しますが

仏教の「空理論」に通じるものがあると思いました。

あれ。

それで、お釈迦様は木の下で悟られたのかな、と。

空想してみたり。




Ngadjonji(ニャジャン)部族のガイドさんがつくった火おこし。
ビスケットにもできそうな、かわいいデザイン。





同じカテゴリー(木の英知)の記事画像
ずっと、ありつづけること
「木」のやさしさ
自分でなく、自然の側から
アボリジニーの民族特性は人類の英知
自然とのおつきあい作法再考
神道とアボリジニー文化の共通点
同じカテゴリー(木の英知)の記事
 ずっと、ありつづけること (2017-05-20 12:23)
 「木」のやさしさ (2017-05-15 15:02)
 自分でなく、自然の側から (2017-05-09 12:33)
 アボリジニーの民族特性は人類の英知 (2017-05-07 15:04)
 自然とのおつきあい作法再考 (2017-05-05 07:38)
 神道とアボリジニー文化の共通点 (2017-05-04 06:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「木」と「空理論」って似てる?
    コメント(0)