2017年05月15日

「木」のやさしさ

自然溢れるケアンズは
都市部にも(とはいっても小さな町ではありますが)、
道路の中央や横に花壇や植木エリアに
木や花がたくさん咲いています。



しかし注意深く見ていると、
その表情は様々です。



都市の大気汚染に参ってしまっている「木」
なんとか折り合いをつけて、精力的に存在している「木」
都会に負けるどころか、むしろ自然の治癒光線を降り注ぎ続ける強いパワーの「木」





電線の関係で幹を切られてしまった木。
でも、美しい花を咲かせています。その生命力に敬服します。





表情は様々ですが、共通しているのは

「木」は私たちに優しいということです。

まさに「愛」の本質を実践しているのが
「木」なんです。

なんて、素敵な存在なんでしょうか。








存在感が大きいのに、威圧感のない「木」







同じカテゴリー(木の英知)の記事画像
ずっと、ありつづけること
「木」と「空理論」って似てる?
自分でなく、自然の側から
アボリジニーの民族特性は人類の英知
自然とのおつきあい作法再考
神道とアボリジニー文化の共通点
同じカテゴリー(木の英知)の記事
 ずっと、ありつづけること (2017-05-20 12:23)
 「木」と「空理論」って似てる? (2017-05-17 09:35)
 自分でなく、自然の側から (2017-05-09 12:33)
 アボリジニーの民族特性は人類の英知 (2017-05-07 15:04)
 自然とのおつきあい作法再考 (2017-05-05 07:38)
 神道とアボリジニー文化の共通点 (2017-05-04 06:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「木」のやさしさ
    コメント(0)