2017年05月04日

神道とアボリジニー文化の共通点

アボリジニーのNgadjonji(ニャジャン)部族のガイドさんと話していて、
彼らの自然との調和・共生の考え方は、
非常に日本人の持つ自然への考えに近いと思った。

それはまた、いくつかの信仰にも類似性を見た。
例えば、輪廻転生や、亡くなった先祖が天から守ってくれているなど。

ということは、日本古来の神道と類似性があるのではないか。

そう思い、ウィキってみた。



神道(しんとう)は、日本の宗教。山や川などの自然や自然現象、
また神話に残る祖霊たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、
それらに八百万の神を見いだす多神教。
自然と神とは一体的に認識され、神と人間とを取り結ぶ具体的作法が祭祀であり、
その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされた。



思っていた以上に、ウィキの神道の解釈は、
アボリジーの自然への考え方と多くの類似性があると思った。

これから、少しづつ、アボリジニーの教えを勉強しながら、
ここでの自然との調和を学んでいきたい。




彼らは木を完全に切り倒すことはしない。必要な部分だけ、使用し、
木の回復を待つ。自然との調和が徹底している。



同じカテゴリー(木の英知)の記事画像
ずっと、ありつづけること
「木」と「空理論」って似てる?
「木」のやさしさ
自分でなく、自然の側から
アボリジニーの民族特性は人類の英知
自然とのおつきあい作法再考
同じカテゴリー(木の英知)の記事
 ずっと、ありつづけること (2017-05-20 12:23)
 「木」と「空理論」って似てる? (2017-05-17 09:35)
 「木」のやさしさ (2017-05-15 15:02)
 自分でなく、自然の側から (2017-05-09 12:33)
 アボリジニーの民族特性は人類の英知 (2017-05-07 15:04)
 自然とのおつきあい作法再考 (2017-05-05 07:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神道とアボリジニー文化の共通点
    コメント(0)