2014年07月20日

エキストラ参加した短編映画が入賞!やった!

こんなことってあるんですね。

昨日のことが夢のようです。


長年住んだシドニーから

更なる人生の再出発を願って

やってきたケアンズ。


シドニーでは、

ある短編映画に携わりました。

それが「フラワーガール」
という作品。


この作品では、監督のケイトと脚本を書き、スチールを撮ったり、

製作全体に立ちあうという貴重な体験ができました。


この短編はシドニー映画祭で最優秀賞をとり、

その他たくさんのフェスティバルで入賞や受賞。

僕も韓国のプサンまで行かせてもらいました。


その後は、映画から離れて、アートブック「エティソッポ」
の立ち上げに奔走。

「エティソッポ」はVIC州立図書館の出版した「オーストラリアのアートブックの歴史」に載り、

アートブックも永久保存してもらうことに。


それから、シドニーでの生活に別れを告げ

ケアンズに移住を決意。

今年の4月中旬に来たのです。


ケアンズに来て、二ヶ月くらいでしょうか。

ケアンズで知り合ったお友達のSさんから

「友達の短編映画のエキストラに出てみない?」とお声がかかり、快諾。




久しぶりの映画の現場にわくわくでした。



監督も出演者もみんないい人たちで

「フラワーガール」
を思い出した。

やっぱり、好きでやることが一番だなって。

輝いてるなって。




そして、昨日、このエキストラで参加した短編映画 Parrot Ice Tour が

ケアンズで今年から始まる短編映画際 Understory Film Festival
のコンペに入り


上演したのです。




※さすがケアンズ。屋外で、トロピカルの中での上演でした!


※みんなわきあいあい、食べ物をもちより、ピクニック感覚で映画鑑賞♪


初めて見る、作品はその日一番の拍手をいただきました。

これまた、「フラワーガール」
を思い出しました。


受賞するなって、確信しました。




その確信は正しかったです。

しかも、作品 Parrot Ice Tour は「最優秀作品」と「観客賞」のダブル受賞でした。






こんなことってあるんですね。

本当に昨日のことが夢のようです。


決めました。

ささやかながら、

この地、ケアンズで

また映画を始めてきたいと思います。


もっともっと熱く生きます!



生きるって、熱くてなんぼですよね。

これ、自分の座右の銘でした。


久しぶりに思い出したw



クリックしてくださると嬉しいです(≡^∇^≡)

にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へ


にほんブログ村
   


Posted by etisoppo at 08:52Comments(2)映画!!