2017年05月25日

瞑想は笑顔をイメージして・・・

瞑想をして、

かつて、
よく通った道をたぐり寄せます。


スタートは笑顔です。
誰かの笑顔を思い出します。


その場所から、外へでて、
移動していきます。


笑顔でスタートしているので、
状態は楽しく、ドキドキするルートになります。


高架下にあった青果市場

大きなピンクのタコの滑り台があった公園

テーブル式のパックマンがあった喫茶店

イトーヨーカ堂の屋上駐車場とFEN

車が二台走るにはあまりにも狭い十字路


そして、そこに至る道、道、道・・・

無意識に、移動するところは
このように、自分にとって
特別で、胸躍る場所ばかりです。


どれも、何気ない光景ですが、
脳裏に浮かぶと

体が熱くなるのです。



2003年に撮影。よく行った河川敷。見ると、帰りたくなる場所。




  


2017年04月22日

からっぽスタート

最近、

瞑想はじめました。




朝いちばんに瞑想して、

頭「からっぽ」にしてます。



普段、いろいろ考えすぎなので、

からっぽスタート、快適です。






〇ケアンズの花には純度の高い古代パワーを感じます〇  


2014年05月26日

○ケアンズのバイブレーションを絵に

ケアンズに来て再開したものが絵です。

シドニーでは2006年前後によく描いていましたが、
ある日、ぱたっと描けなくなってしまいました。

なんとなく、表現したいことがなくなった気がしたのです。

それがケアンズに来て、
ケアンズにある何かを表現したくなってきたのです。

ケアンズはバイブレーションに満ちています。
それは自然だったり、人だったり。

シドニーに比べて、人口もずっと少なく、街も小さい所ですが、
その分、素朴で純粋で荒削りで・・・・

そんなことを考えていると、また絵が描きたくなってきました。


作品:ゆめ、うらら
ケアンズの強い太陽に鍛えられたコンクリートの上で撮影





作品:ぐるぐるねじまき
芝生も元気一杯。太陽に負けるかといった感じ




  


2014年05月22日

タロットカードはじめます

○タロットカードはじめます

ケアンズに来て一ヶ月が過ぎ、
この街の持つ力強くも、やさしい母性のパワーに触れる中で、
タロットを再開させたい気持ちが炎のように再燃してきました。

タロットには怖いイメージがありませんか?
僕はありました。

それはタロットは
あまりにも的確で本質的なアドバイスをするからだと思うのです。

僕自身も、かつてそんなアドバイスをされました。
絶対に認めたくないアドバイスでした。

だから無視しました。
しかしアドバイスはほぼその通りに起こりました。

タロットは人々を不安にさせるものではないと僕は思います。
むしろ幸せに生きるための知恵の結集だと思うのです。

タロットのアドバイスを、
よりよい人生のため前向きに捉えることができるなら、
これほど心強いものもないと思うのです。

それにはタロットのアドバイスを無視するのでなく、
そのアドバイスをどう活かしていくかが大切になります。

そのようなアドバイスができるよう修行していきたいと思います。